利益を狙うなら『アイアン&ジャリコEA』安定を求めるなら『ハルク改EA』ゲームで稼ぐならお馴染みの『バスタビット&イーサクラッシュ自動ツール』目指せFIRE!!

GOLD系EAの稼働のコツ

GOLDと言う通貨の特性を知る

FXは各国の通貨以外にも金属の取引も可能で、その中でも人気なのは【GOLD】です。

GOLDがなぜ人気なのか?というと、

  1. ボラティリティが激しく稼ぎやすいから
  2. GOLDと言う稼げるイメージ

からではないでしょうか?

ボラティリティとは?

ボラティリティは簡単に言うと、株価や通貨の値動きの変動率のことです。一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティが大きい」=「その商品の価格変動が大きい」を意味し、「ボラティリティが小さい」=「その商品の価格変動が小さい」を意味します。ボラティリティは、その商品のリスクの度合いとして捉えるのが一般的。ボラティリティが大きい商品はリスクが高く、ボラティリティが小さい商品はリスクが低いと判断されます。(参照サイト:LINE投資部)

ボラティリティが高いという事は値動きの上下が大きいという事が言えます。GOLDはそのボラティリティが非常に高く、値動きが大きい分【利益】を取りやすい通貨ペアです。しかしその代わり【リスク】が高い通貨ペアでもあります。

GOLDを投資対象として選択する方の【すべて(全員)】は、ある程度のリスクを許容して利益を取りに行っているといる。という事になります。

GOLDはわずか1時間で急激に上下する事も
GOLD運用と限定した中でのローリスクはありますが、投資全体でみるとGOLDを選択した時点でハイリスクハイリターンを選択しているという事は理解しておかなければなりません。確立されたトレードロジックに基づいてEAは稼働しているので【ギャンブル】という事はありませんが、あえてリスクを取って利益を求めるという事なので少し大げさかもしれませんが【勝率の高いギャンブル】を行っているぐらいの認識は持っておいた方がリスク管理意識が高まるのではないでしょうか。

本当のローリスクを望むのであればGOLD以外の通貨ペアを選択するべきだと私は考えています(ハルク改とかがおススメです)

 

GOLDは破綻はいずれ来るものと考えた戦略で挑む

前項で述べた通り非常にボラティリティが高いGOLDの特性を考えると『いつかは破綻する』という前提で戦略を立て挑むことがポイントだと考えます。

【長期に渡り破綻ナシ】というものは、よほど運がいいか・かなりの資金量が無い限りは難しいと思います。

そこで破綻前提で、

ガンガン利益を出していくロジックの方がうまくいく

そして早期に利確&元本回収をしてしまう

という事が私の考えた結論(戦略)です。

重要経済指標の際は稼働を休むべきだと考えています。

 

しかし徹底すべきルールがあります

これはGOLDEAをお渡しする際にも必ずお送りする参考記事にもあるように、一気に資金投入せず何回かに分けてチャレンジをすべきです。

eightのFX部屋

ジャリコEAリアル結果 ご覧の通りかなり調子がいいジャリコEAです。ジャリコご利用者様の大幅に増え現在では約450口座で…

 

①破綻しても何度かチャレンジできる入金額で運用する(投資総資金を分割して入金する)

②利益はマメに出金する

などの資金管理をうまくやることで利益を出していくことができます。資金を分割するのであればマイクロ口座を利用する事が現実的ではないかと思います(資金が潤沢にある方であれば問題なしです)

非常に簡単な資金管理術となりますので、これらを実践していない方は一度こちらを見直しチャレンジしてみてください!

 

お判りにならない事があればお気軽にご連絡ください(#^^#)

 

私eightへのメッセージはこちらまで

友だち追加


LINE@ https://lin.ee/oMDlH3D

ID:@eight8

 

ご質問・ご相談などお気軽にお声掛け下さい

自動ツールについて・各種ゲームについてのご質問やご相談はお気軽にどうぞ!できる限り迅速なご回答を心掛けております。 また読者様に有益な情報も日々収集しております!クライアント様からのご連絡もお待ちしております。

LINE@ http://nav.cx/b5HCyeU ID:@oqx0664x

友だち追加

 

最新情報をチェックしよう!
>ご質問ご相談、お気軽にお声掛け下さい

ご質問ご相談、お気軽にお声掛け下さい

自動ツールについて・各種ゲームについてのご質問やご相談はお気軽にどうぞ!できる限り迅速なご回答を心掛けております。また読者様に有益な情報も日々収集しております!クライアント様からのご連絡もお待ちしております。

CTR IMG